摂り過ぎ注意!?

お疲れ様です(о´∀`о)ときめきマーケティング室 室長さっちんです。

最近読んだ本で面白かった『365日の広告コピー』

80D6F6CF-13D1-42D6-BBCA-8A5487696EF1いやー勉強になるしほぉ〜〜って声出しながら読んでおりました。

商品POPを書く上でやはり大事なコピー。

知識の量を増やしたり感覚を研ぐのにインプットは欠かせません。

が、がですね。入れ過ぎも注意。

プロのコピーライターさんは”商品”のコピーを作るより”企業”や”イベント”のコピーを作る事に特化してる訳でして。

宣伝したい”モノ”そのものが大きいんですね。だからこそ『カッコいい』コピーが映える。

対して商品POPは対象となる”モノ”が個々なので『カッコいい』コピーでは刺さりにくい、いや刺さらない訳です。

伝わる?例えばこのコピー

D486DC79-1415-4750-B90A-EADD838985A3

凄く良いですよね。これは日本郵政グループ【切手趣味週間】の時期に張り出されたポスターに書かれたコピー

対象となっているのは”手紙(ハガキ)全般”

ね?広いでしょ?

例えばこれがあるレターセットを売りたい場合の商品POPであったとしたら、たくさんのレターセットの中からソレを選んで欲しい訳だから

このコピーじゃ広過ぎて趣旨と合わないですよね。

商品POPに大事なのは【主観】です。あなたの主観からあなたの言葉で口コミを広げる様におススメする。それが大事だよねー。

他の類似商品と何がどう違うのか伝わらなければ誰だって安いの買うよね(あんまり安過ぎても警戒される場合もあるけど)

だから商品POPを書く人は主観をいかに可視化して伝えられる様になるか、そんなスキルが必要で

その為には食べる・着る・読む・観る・嗅ぐ・感じる全ての感度を上げとく必要があるんだけど

どーしたら上がるのかってそりゃあなた、やっぱり”楽しい!嬉しい!気持ちいい!”に囲まれた生活を送ることですよ。

大事なのは人間関係。つまり”付き合う人を選ぶ勇気”ね!

広告コピーを読むのは『あっこんな角度から見るとこうなるんだ〜』程度に留めておくと良いなって思います。

でも、見てね。やっぱプロのライティングは凄いから。

それでは皆さま♡

本日も良いお仕事を♡

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

お問い合わせ
石川 聖

販促デザイナー 石川 聖

主に営業職で培ってきた確かな訴求力。
そして3人の子供を育てる母として、ふわりとした母性と女性らしさでチャーミングで楽しく豊かなお仕事の在り方を提供しています。

POPギャラリー

手書きPOPでワクワク販促☆アメブロ

さっちんの日常 facebook

twitter

日本初、かんたんPOP作成iPadアプリ POPKIT

ページ上部へ戻る