小売向上計画!だもん♡

お疲れ様です。ときめきマーケティング室 室長 さっちんです。

今でこそ、飲食店の方たちなんかともお仕事させて貰ったりしてるんですが

わたしのお仕事、メインターゲットは”小売業”の人たち。

お客さまの8割はコンビニやスーパー、ドラッグストア等の小売業で働く方々。

わたし自身、某コンビニエンスストアで何年か働いておりました♡

小売のお仕事ってね、本当ーーーに奥深くて楽しい!

だけど、映画とかドラマとかでさ、金髪にピアスのお兄ちゃんが

コンビニの深夜勤務でダラーっと仕事しないで雑誌読んでる、みたいなシーンに遭遇したこと無いですか?

小売業が、今はまだ”簡単な仕事”の代名詞的な存在である事は残念ながら否定できません。

レジしたり品出ししたり、お掃除したり・・表立って知られてる作業だけ見たら楽チンですし

必要なのは『思いやり』や『気遣い』であって『専門的な知識』では無いので、その本分が学業である学生さんにもできる訳だ。

 

だけどね、そうじゃないの。

 

何をどれだけ仕入れるかは、その地域をよーく知ってる人じゃないとできないし

天気や気温とにらめっこしながら精度の高い発注をするのは何年か働いただけじゃできません。

昼夕ピーク時の、訳分からん感とお客さんが一気に引いた時の心地よい疲弊感と達成感。

大行列のお客さんを前にレジだけやってれば良い訳じゃなく

レジ周りの商品、あっちもこっちも見て無くなれば作って出さなきゃだし

レンジアップするのに、どれとどれが誰のなのか(お客さんがその場から離れてしまう事も多々ある。泣きそう)

とにかくアンテナはビンビンだしアドレナリンはバンバン!

今でも、わたしのレジに並ぶのが1番早いよ!って思ってるんだー٩(๑❛ᴗ❛๑)۶

今は別の仕事をしてるけど、小売業の人たちと関わる中で『良いな〜楽しそうだな〜』って思う時もいっぱいある。

でも、現場にいないとできない事もたくさんあるけど、現場にいるとできない事も実はたくさんあるのです。

わたしは【販促】を通して、小売業が消去法でではなく”選ばれる”職業になって欲しいと考えています。

これはわたしの大きな野望。

自分が手がけた販促が売上アップに直接的な効力を持つ喜びを実感して頂きたいのです。

畳1畳分の売場面積が叩き出す’数字”を実感して欲しいのです。

開発や製造の熱意と愛情をお客さまにお届けできるのは現場で働く人たちだけ。

お客さまと直接的に関わる事が出来る現場で働くあなたにしかできない

正しい『伝え方』があります。

POPは自分の代弁者であり、もう1人の自分そのもの。

”売れる販促”を知れば、仕事は100倍楽しくなる♡

”誰にでもできる仕事だけど、誰にでもはできない仕事”

そんな事を今日もお伝えしていきたいなーっと(*´꒳`*)

 

それでは皆さま♡本日も良いお仕事を♡

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

お問い合わせ
石川 聖

販促デザイナー 石川 聖

主に営業職で培ってきた確かな訴求力。
そして3人の子供を育てる母として、ふわりとした母性と女性らしさでチャーミングで楽しく豊かなお仕事の在り方を提供しています。

POPギャラリー

手書きPOPでワクワク販促☆アメブロ

さっちんの日常 facebook

twitter

日本初、かんたんPOP作成iPadアプリ POPKIT

ページ上部へ戻る