残暑お見舞い申し上げます。

お疲れさまです!

ときめきマーケティング室 室長 さっちんです。

去年に引き続き、今年も暑中見舞いのハガキをたくさん書きました。少し頑張った自慢ですが1枚1枚全て手書きです。

いわゆるDMとしての機能しか果たしてない冷たい印象のハガキとはひと味違いますよ( ͡° ͜ʖ ͡°)

IMG_0671

何を書こうか、という所に1番時間を使っています。

それはPOPを書く時も同じことですよね。書く時間そのものより、誰に何を伝えたいのかを”考える”時間を1番に取って頂きたい。

何を書くか、を決める為にその人のSNSをじっくり見ます。そうすると新たな発見がたくさん出てくるものです。

(Twitterが特にそうなんですが、もう1つ1つの投稿全て見るのは絶対無理です)

その人の投稿をゆっくり見ると『こんな趣味持ってたんだ!こんな事を想う人なんだ・こんな事に共感する人なんだ!』そんな発見がどんどん出てくる。

どんどん出てくる。どんどん好きになる。

POPを書く時、その商品の良いところを”調べる時間”必ずありますよね?

その商品、お客さんの手に届くまで、どこがどんな風にこだわられて作られたのか。調べますよね??

ちゃんと調べて下さい。そこは手を抜くべきではありません。

商品名どーん!写真(イラスト)どーん!価格どーん!

ってだけのPOPは伝わるPOPとは言いがたく、つまり売れるPOPとしてはちょっと弱い。

そして、わたしのFacebookは自分の暑中見舞いにジャックされる事になります。

たくさんの人が『届いたよー!ありがとう〜』ってわたしをタグ付けして投稿してくれるから(*´∀`*)

暑中見舞いとは夏のご挨拶なので、年賀状の夏版。でも年賀状だと同じ現象が起こらない。

では何故、暑中見舞いだけはみんなに『ありがとう』って言って貰えるのか?って考えると、やっぱりシンプルに

”珍しいから”だと思うんですよね。年賀状はドサッと束で届く事が多いですが暑中見舞いはそうじゃない。だから目立つし喜ばれる。

つまり手書きPOPは印刷されたキレイな広告より喜ばれる。

という事です。

常日頃からデジタルにまみれている私たちですから、人の匂いがして温かみがある手書きPOPで溢れた売り場に引き寄せられるのです。

そこにプラスαクスッと笑える要素が含まれてたり、共感を呼べる内容であったり、お客さまの役に立つ情報が盛り込まれていたりするならば

さらに、さらに良いモノになりますよ(*´∀`*)

IMG_1016

千葉県いすみ市にある【スーパーランド おおたや】さん

店内のそこかしこにPOP、主に手書きのものが貼ってあって賑やかで楽しい売り場でした。

立ち止まってPOPを読んでるお客さんもたくさんいましたよ。

商品を手に取って貰うにはまず、足を止めて貰う必要がありますもんね(*´∀`*)

 

残暑お見舞い申し上げます。まだまだ暑い日が続きますが、みなさまご自愛くださいね♡

それでは皆さま♡

本日も良いお仕事を♡

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

お問い合わせ
石川 聖

販促デザイナー 石川 聖

主に営業職で培ってきた確かな訴求力。
そして3人の子供を育てる母として、ふわりとした母性と女性らしさでチャーミングで楽しく豊かなお仕事の在り方を提供しています。

POPギャラリー

手書きPOPでワクワク販促☆アメブロ

さっちんの日常 facebook

twitter

日本初、かんたんPOP作成iPadアプリ POPKIT

ページ上部へ戻る