女はオーラで身を守れ

おはようございます。

ときめきマーケティング室 室長 さっちんです。
読者の方にメールで相談をされる事がたまにあります。

いつもはメールでやり取りするんだけど
フリーでアイドル活動している子が
ストーカーに刺されてしまった怖い事件がありましたので
今回は許可を頂いてブログでお話します。

初めまして。
~中略~
私は某ドラッグストアで働いています。
悩みとゆうかなんとゆうか・・・
お客さまにLINEIDを渡されて、常連さんなので
お食事位なら良いかななんて思って(私は独身ですが彼氏はいます)
軽い気持ちでLINEを送ってしまいました。
私がそのお客さまに持っていたイメージと違い
グイグイくるのが怖くなって、外でお会いするのは怖くなってお断りしたら
本社にクレームみたいな(嫌がらせ?)メールが名指しで届いたらしく、店長に怒られてしまいました。
明日から仕事に行くのが憂鬱で仕方ないです(/ _ ; )私の軽率な行動が招いた事だとは思ってますが
辞めたくありません!
どうしたら良いでしょうか?
さっちんさんはお客さまにナンパされたらどう対処していますか?
もし時間があったらご指南頂ければ嬉しいです。
よろしくお願いします。

さっちんさんはお客さまにナンパされたらどう対処していますか?

とありますが
私、自慢じゃないけどお客さんにナンパされた事ない!1度も!

本当に自慢にならない笑
私はFacebookでセブンで働く人
それも、たっくさんの人と繋がってますけど
度々、この手の話題になるんですよね。

その度、カヤの外で聞いてるだけなんだけど\(//∇//)\

私はこのブログでも常々、お客さんは友達だって言ってるし
そんな意識で働いて欲しいなって思ってる。

だけど友達は片方に下心や恋愛感情があれば
それはすでに友達じゃないんですよね。
わたしが働いていたお店は逆に可愛い男の子がいて
マダムのお客さんとLINE交換して飲みに行ったとか行かなかったとか
そんな話は聞いた事ありますね。

それでオーナーに怒られてしまったとか何とか。

ん~難しい問題だけど、とことん凛とした姿勢でいるしか無いのかなぁと思いますね。
この方が何歳なのか分からないので何とも言えないけど
ある程度経験を積むと、自分の中の女性性とか色気とかって
出すのも引っ込めるのも自由自在になる。

店内ではスタッフよりお客さんの方が偉いって図式になりがちなんだけれども それは間違いで、常に対等。
お客さんが欲しい物を適正な価格で提供して買って頂く。
お金を払う方が偉くて、お金を貰う方が下なんだって図式が成り立ってしまうと

お客さんも私たちを下に見てしまって、そういうおかしな行動に出るんですよね。
だって、これが
友達の紹介だとか、合コンだとか、知り合った時点で対等な関係だったなら
LINEでちょっと話した位で軽々しくグイグイきたりしないでしょ?
きちんとレディとして順を踏んでお誘いするでしょ。
来てくれるお客さんに対して、威圧感を出すのも全然違うけど

お客さんと私たちは対等な関係なんだって意識してお仕事をすると
自然とそんな立ち振る舞いになるんではないかなぁ~
まぁ私の場合は仕事中うんぬんの前にまずモテない!
男友達からはさっちん、性別男だからね!ってすっごーーーいよく言われるし_(」∠ 、ン、)_

もてたいんだよあたしだって・・別にサバサバキャラがイケてると思ってないし
あーいつからこんなおじさんみたいになってしまったんだ・・・
だから全然、参考にならなくて申し訳ないんだけど
今回の事は店長さんに迷惑かけたなら
潔く謝って明日からは、お客さんと私たちは
主従関係ではないって意識して、さらに楽しんでお仕事しましょ♡
女は本当に力で男性には叶いません。
いくら気が強くても力では叶わないのです。
守ってくれる人がいても24時間一緒にいてくれる訳ではありません。

お客さんと恋に落ちることもあるだろうし
ある程度、距離を保って!なんて思いません。

だけど自分の身は自分でしか守れない。
その心も身体も美しく健康なまま
毎日を過ごせる様に。
自分を大切に。

本当に気を付けてね。
それでは皆さま♡
本日も良いお仕事を♡

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

お問い合わせ
石川 聖

販促デザイナー 石川 聖

主に営業職で培ってきた確かな訴求力。
そして3人の子供を育てる母として、ふわりとした母性と女性らしさでチャーミングで楽しく豊かなお仕事の在り方を提供しています。

POPギャラリー

手書きPOPでワクワク販促☆アメブロ

さっちんの日常 facebook

twitter

日本初、かんたんPOP作成iPadアプリ POPKIT

ページ上部へ戻る