発信のキーワードは共感より〇〇

  • お疲れ様です(´∀`)

ときめきマーケティング室 室長 さっちんです。

さて発信のキーワードは『共感』である、と

毎度毎度、繰り返している訳ですが昨日、ウチの息子の誕生日だったんですね。

Facebookでそんな投稿をしていたら1通のメッセンジャー

IMG_1717

『ウチの娘も今日、誕生日』

人は共通点があると3倍の速さで仲良くなれる法則・・があるか無いかは分かりませんが

確実に共通点が無いよりあった方がテンションは上がりますよね!

だっておとといより昨日の方が大好きになっちゃったもん♡

わざわざメッセンジャーしてきてくれるところが本当嬉しい♡

わたしも料理好きだしお酒も好きだし共通点いっぱい(●´ω`●)

 

同じ部活だったとか、同郷であるとか、そんなざっくりした物でも

無いよりあった方が何となく嬉しい。

これが誕生日が一緒なんて365分の1な訳ですから『おぉ!』ってる。

共通点や共感がレアであればある程、言い方を変えればマニアックな程、刺さるとも言えます。

 

例えば『今日は空が青くてキレイ』って写真かなんかを添えてツイートする訳ですよ。

その発信に共感する人はきっと何万人っていますよね。だがしかし薄すぎる。

そうだね。で?って感じ。

『今日は雨が降ってる。雨の音を聞きながら散歩するのが好き♡』

になると、きっと共感してくれる人はぐっと減る。でも共感してくれた人は『おぉ〜同じ感覚の人がいて嬉しい』になる。

『雪だー仕事だるー』より『雪で少年に戻れないやつキライ笑』の方が分母は少ないだろうけど、だからこそ深い共感を呼べるんです。

 

だからと言って、共感したからあなたの商品を今すぐ買おう、とはならないけれど興味を持ってもらえる確率はかなり上がります。

共通点より共感、共感より共鳴

【共鳴】 他人の考えや行動などに心から同感すること。「主義に共鳴する」※コトバンクより抜粋

 

あなたの商品が欲しいのか

あなたの商品だから欲しいのか

 

どうでしょう。わたしは全く同じ商品なら安いところから買います。

同じカテゴリの中でどれを買って良いのか分からない(あるいは選ぶのがめんどくさい)場合は

やはり知ってるところから買うでしょうね。

同じ商品、あるいは似たような商品であれば

知り合いのAさんと お友達のBさん

迷わずBさんから買います。それが人情というものではないでしょうか?

美容院や飲食店なんかの『お店選び』にも全く同じ事が言えます。

SNSをビジネスで使っている方は

共通点を見つけてもらい、共感してもらい、共鳴してもらえる発信にする。

 

その為には、もっと深く、もっともっとあなたを、あなた自身を

発信して、他者の発信にも興味を持つこと。

ただ闇雲にイイね!周り、コメント周りをしていても疲弊するばかりで良い結果は産みません。

本当に共感した時のみコメントをする、量産しない。

くれぐれも誰にどんなコメントしたか覚えてない、とかやめてね。

バレますから。

量より質だよー!質!質!質!

 

それでは皆さま♡

明日も良いお仕事を♡

 

関連記事

コメント

    • やまちゃん
    • 2017年 6月 01日

    こちらでもコメント笑

    さっちんさんの言葉は分かりやすくて、納得できてめちゃめちゃ共感できます。

    いつ考えてるんでしょうか笑

    これからも更新楽しみにしてます!

  1. この記事へのトラックバックはありません。

お問い合わせ
石川 聖

販促デザイナー 石川 聖

主に営業職で培ってきた確かな訴求力。
そして3人の子供を育てる母として、ふわりとした母性と女性らしさでチャーミングで楽しく豊かなお仕事の在り方を提供しています。

POPギャラリー

手書きPOPでワクワク販促☆アメブロ

さっちんの日常 facebook

twitter

日本初、かんたんPOP作成iPadアプリ POPKIT

ページ上部へ戻る